スキルなしで転職を考える際のポイント

特に自分にはスキルなしと考える人の転職は割と多いものです。中途採用に求められるのは即戦力なので、スキルがないということはかなり不利になると考えてもおかしくは無いものです。

そのような転職希望者を企業に紹介するマッチングサイトでは、ある程度の仕事の経験を積んだ人でスキルなしという人は少ないと考えています。つまり自分ではそう思っていても、実は何かしらのスキルを持ち合わせているものなのです。そして現実に、そのような経験を必要とする企業は多いものです。つまり、自分ではできて当たり前と思っていることが実は立派なスキルであることに気付いていないだけなのです。

まず転職を考える際には自分のスキルを棚卸することが必要となります。自分ではできて当たり前と思うことが、他の職種から見ると必要とするものであることは多いものだからです。例えば、これまでひたすら顧客のクレームに対応していた人がいるとします。本人としてはただクレーム処理をしていただけと思うものですが、会社によってはそこに新たな需要を生み出すヒントを見出すことができると判断することも多いにあります。あるいは社内の更生すべき問題点を発見できると判断する会社もあります。またそのようなクレーム処理を行う社員がいない会社であれば、そのような経験を積んできた人材は貴重なものとなります。このように何かしら携わってきたことは、必ず必要とされるスキルを伴っていることが多いのです。

コメントを残す