転職を考える前にスキルなしから仕事の挑戦

未知の職業に関しては過小評価しがちです。しかし実際に仕事について見ると、認識の甘さを痛感するケースが多いです。情報技術の分野でも同様に簡単にできるように思える仕事が、実際には難易度が高いということもあります。プログラミングに慣れ親しんでいて、十分に仕事がこなせると考えていた新人プログラマーも、ソフトウェア開発の職場について見ると、現状では実力が仕事で通用しない状態であるのを実感します。アマチュアとプロの間には大きなギャップがあり、スキルなしではとても太刀打ちできません。

しかしこのようなギャップは、初めてプロの現場に身を置いてみて多くの人が実感することです。開発現場でプロとして活躍できているプログラマーたちも、当初は同じギャップを感じていました。しかし、がむしゃらに与えられた仕事をこなしているうちに、いつの間にかプロとしてふさわしい実力が手に入ってくるのです。そのため、仕事に大きなギャップを感じたとしても転職するというのは早まった考えです。まずは情報技術開発の分野で、どこまで登り詰めることができるのか、力試しをしてから転職を考えても遅くはありません。

スキルなしからのスタートとなるとその道は険しいです。しかし、チャレンジしてみる価値は十分にあります。たとえ情報技術の仕事に向いていないと感じ転職する事になったとしても、挑戦し到達できるところまで頑張った経験は、その後のどのような仕事にも役立ちます。自分自身の挑戦としてあえて険しい道を選ぶというのも素敵ではないでしょうか。スキルなしからの挑戦で努力をした道のりがあなたの経験と実力にきっと結びつくはずです。

コメントを残す